ビタミンの重要性は?一般的なビタミンの作用一覧

記者 三山熊裕 報道

「いつまでも美しく、健やかでありたい」という誰もが持つ普遍的な願い。

その願いを実現するために、専門医療機関の経営戦略を企画/プロデュースする株式会社ライカ(代表取締役社長 三山 熊裕)は、医療以外の業種とのコラボレーションや、独自のネットワークを駆使することで、患者様の信頼と満足を追求した次世代型の新しい医療サービスの実現を目指しています。

ビタミンDは、ウイルス感染症に対応

実際、昨年12月には、International Journal of Immunopharmacology誌に、ビタミンDが肺のRNAウイルス感染症の治療効果がある可能性があると発表されました。最近、トリニティ大学ダブリン校でも、ビタミンDが肺感染症の予防に役割を果たす可能性を示唆する研究結果が発表されました。特にビタミンD欠乏症の高齢者における効果がいいです。

ビタミンD3は、カルシウムやリンの体内吸収を高め、免疫力を高め、筋肉や骨の健康を維持するために必要な栄養素です。

ビタミンK3もありますが、これは止血や腸内過多の治療にも使えます。ビタミンEは老化を遅らせ、脚のけいれんやコリをほぐし、代謝を上げ、冠動脈性心疾患を予防することができます。これらのビタミン以外にも、体に必要なビタミンはたくさんあります。

ビタミンA

一般的にビタミンA1と呼ばれるビタミンAは、正常な視覚反応、上皮組織の正常な形状を維持するのに役立ちます。体内でビタミンAが不足するとドライアイに悩まされるので、コンタクトレンズケースを長時間装着している方や、パソコンをじっと見っている方も、タイムリーにビタミンAのサプリメントを摂取することが大切です。

ビタミンAの主な食品は、動物性レバー、にんじん、白にんじん、黄色い果物、卵、牛乳などです。